英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職情報

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly

アマゾン電子書籍出版でランキング1位を獲得!

英語圏留学経験ゼロから3か国に海外就職しカナダの外資系企業で働くまで英語レベルが上達した非常識な「超速英語学習術」とは?

このブログでは英語の勉強方法について情報発信をしています。

 

現在はてなブログでは「私の勉強法」というテーマでキャンペーンをやっているので、

今日は僕の英語の勉強方法について書いていきたいと思います。

 

どうやらメインブログでないとお題に参加できないらしく、

一時的にこのブログをメインブログに設定しています。

 

今日ご紹介する勉強方法は、今までこのブログで公開してきた勉強法の集大成になります。

 

初期の頃からブログを読んでいただいている方は、

同じ内容の繰り返しになると思います。

 

過去に公開した勉強法を1つにまとめた記事になりますので、

この記事を読んでいただければすべてがわかるようになっています。

 

一部新しい内容も追加していますのでぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

 

 

ゴール設定をする

まず最初にやるべきことは「英語を学ぶ目的を明確にすること」です。

 

TOEICで高得点を取りたい人と通訳になりたい人では、

当然勉強する内容も違うわけです。

 

ゴール設定をするときに大切なことは、

心からやりたいと思えることをゴールに設定することです。

 

多くの人が英語学習に挫折してしまうのは、

Want toではなくHave toで勉強しているからです。

 

www.apollosblog.com

 

「将来英語を活かして世界を渡り歩く人間になりたい」

 

このような夢にワクワクを感じている人は、

英語の勉強をやりたくて仕方なくなるのでモチベーションはいりません。

 

モチベーションが上がらず挫折してしまうのは、

そもそものゴール設定が間違っているからです。

 

ゴールから逆算して無駄な勉強をすべて省く

f:id:Apollojustice:20200121140734j:plain

ゴールを設定したら、ゴールと関係のない勉強はすべて省きます。

 

www.apollosblog.com

 

自分に必要のないことは勉強しても時間の無駄です。

 

極端な話、TOEICで高得点を取ることが最終目的ならば、

スピーキングの訓練は一切必要ないことになります。

 

多くの人は、自分のゴールに必要のないことを勉強してしまうので、

上達が感じられないのです。

 

例えば、海外旅行で英語をしゃべることが目的なら、

海外旅行に関連した英語表現だけ学べば十分なわけです。

 

海外旅行で使う英語なら1か月もあればマスターできます。

 

時間でははなくエネルギーで考える

英語の勉強1日1時間と目標を立てることがありますが、

1時間も集中が続かずダラダラと時間をかけるだけで非効率的な場合があります。

 

勉強時間は長ければ長いほうがいいというわけではありません。

 

大切なのは時間ではなくエネルギーです。

 

www.apollosblog.com

 

自分の集中力が続く時間が30分なのであれば、

1時間の勉強時間を30分×2回に分けます。

 

そうすることによって、集中力が最大限に高まった状態で勉強することができ、

学習内容の定着率と勉強効率が飛躍的に上がります。

 

1時間×1回よりも15分×4回の反復

エビングハウス忘却曲線によると、

人間は学んだ内容の50%を1時間後に忘れてしまうそうです。

 

www.apollosblog.com

 

せっかく1時間勉強しても半分しか覚えていないのであれば、

大量の時間を無駄にしていることになります。

 

学んだ内容を忘れないためには、

忘れる前に反復学習をすることが必要です。

 

そのため1時間でまとめて勉強するよりも、

15分かけて勉強したことを4回反復するほうが効率がいいのです。

 

週末にまとめて長時間勉強したのに、

翌週の週末になったらほとんど忘れてしまっているのは、

忘れる前に反復練習をしていないからです。

 

学んだ内容はすぐにアウトプットする

ラーニングピラミッドによるともっとも学習定着率が高いのは、

「教える」という行為です。

 

www.apollosblog.com

 

インプットばかりの学習は定着率が悪いです。

 

最悪なのは本を読んでおしまいというものです。

これはもっとも定着率が低いと言われる学習方法の一つです。

 

本を使った勉強をするのであれば、

新しい表現を学んだ時点ですぐにアウトプットすることです。

 

その表現を使って自分なりに文章を考えてみるのです。

 

ポイントは「すぐに」という部分です。

インプットしてすぐにアウトプットすると記憶に残りやすくなります。

 

ラーニングピラミッドの「教える」という行為を実践したいのであれば、

学んだ内容を人に教えるかの如くブログで発信することです。

 

英語表現はかたまりで覚えてそのまま使う

 

www.apollosblog.com

 

多くの人が実際の会話シーンで英語がまったく出て来なくなってしまうのは、

自分で文章を組み立てようとするからです。

 

英語にはかたまりでおぼえてそのまま使える表現がたくさんあります。

 

www.apollosblog.com

 

 

www.apollosblog.com

 

 

www.apollosblog.com

 

これらの表現はかたまりで覚えてしまえば、

自分でいちいち文章を考える必要がありません。

 

すでに出来上がった文章なので文法も一切気にする必要がないわけです。

 

僕が急激なスピードで英語が話せるようになったのは、

このかたまりで覚えてそのまま使う表現をたくさん覚えたからです。

 

ただし、ただ暗記しただけでは実際の会話シーンですぐに出てきません。

 

無意識で口から出てくるようになるまでアウトプットを繰り返す必要があります。

 

単語帳は使わない・発音記号は覚えない

これらも無駄を省くための施策です。

 

www.apollosblog.com

 

 

www.apollosblog.com

 

僕は単語はすべて実践で覚えるようにしています。

 

自分にとって不要な単語は覚えても仕方ないからです。

 

また発音記号もいっさい勉強していません。

詳しい理由は上記リンクを読んでいただければと思います。

 

動画を使ったリスニング練習は字幕を使わない

 

字幕を使ったリスニング練習は意味がありません。

 

www.apollosblog.com

 

なぜ意味がないかというとその理由はこの記事で説明しています。

 

 

www.apollosblog.com

 

 とにかくアウトプットする

英語が話せるようになる一番効果的な手法はアウトプットすることです。

 

覚えた表現を声に出して使ってみる。

できれば相手がいると望ましいです。

 

どんなに完璧に暗記していても、アウトプットしていない表現はすぐにでてきません。

 

まとめ

まだまだ紹介できていない勉強法がたくさんありますが、

今日は今までに公開した勉強方法の中で代表的なものを、

かいつまんで体系化してみました。

 

最短最速で英語がペラペラになりたい方はぜひ実践してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ