英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職ブログ

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly,italki

アマゾン電子書籍出版でランキング1位を獲得!

最高の英語の教科書は日々の暮らしの中にある。しかも完全無料。

英語学習をする手段は数多くありますが、

英語の本を買って勉強するというのが一般的ではないでしょうか?

 

特に僕たち日本人は、学校の授業を通して英語を学んできたので、

「本」という形式は非常に取り組みやすいからです。

 

基礎を身に付けるためには本を使った英語学習が良いですが、

いつまでもその方法で勉強していては、

一定レベル以上の英語上達は望めません。

 

何よりお金がかかります。

 

かつての僕自身も英語の本を読み漁るタイプの人間でした。

 

1回本を読んだだけで満足して復習しないので、

学習内容定着しない代わりに英語の本だけが増えていきました。

 

今までに英語学習に使ったお金は軽く30万円を越えます。

 

でも、お金をかけなくても英語を学ぶことはできるんです。

 

ネットで検索するとかそういうことじゃないですよ。

 

僕たちの身の回りにはもっと良い英語の教科書があるんです。

しかもいっさいお金はかかりません。

 

さらに記憶に定着しやすいというベネフィットまであります。

 

まさに「最高の教科書」と言えるでしょう。

 

 

 

本を読んでも英語スキルが上達しない理由

f:id:Apollojustice:20200409114312j:plain

本を読んで勉強するのは英語学習で有効な手段ですが、

学習定着率が非常に低いため習得までに時間がかかるというデメリットもあります。

 

www.apollosblog.com

 

この記事の中でラーニングピラミッドという概念を紹介しています。

 

f:id:Apollojustice:20200409090119j:plain

出店:中学受験国語研究ブログ

こちらがラーニングピラミッドです。

学習方法ごとの定着率を図式化したものです。

 

読書はなんと「10%」しか学習定着率がありません。

 

読書は単純に学習定着率が低いだけではありません。

 

「自分にとって関連性の低い内容が大半」

 

であることも問題です。

 

1冊の本に書いてある内容の果たして何パーセントが、

自分にとって必要な表現でしょうか?

 

せいぜい20-30%ぐらいではないかと思います。

 

それ以外の表現は「覚えておくのが良い」程度の内容で、

実際に使う機会がないような表現ばかりです。

 

僕たちはついつい本の内容をすべて覚えようとしてしまいますが、

大半は自分に必要のない内容である場合がほとんどです。

 

自分に関係ないことや必要のないことを覚えても、

それを使うことがなければ「知らない」のと同じことです。

 

英単語を単語帳で学習するとすぐに忘れてしまうのは、

自分に関連性の低い単語ばかりだからです。

 

逆に自分にとって関連性の高い単語は、

勉強しなくても覚えるし、一度記憶したら忘れることがありません。

 

自分にとって関連性の高い表現は日常生活の中にある

ではどうやって自分に関連性の高い表現を見つければよいのでしょうか?

 

それは日常生活の中にあります。

 

日常生活で触れるすべてのものは、

自分にとって関係のあるものばかりです。

 

つまり、「自分事化が起こる」ということです。

 

この自分事化が起こると記憶の定着率が劇的に上がります。

 

日常生活に関連する英語表現をストックしておけば、

それが一つの教科書になるということです。

 

自分にとって関連性の高い表現ばかりなので、

使用する機会も多く実用的な英語を身に付けることができます。

 

言語というのは本来本を読んで身に付けるものではなく、

生きていくうえで自然と習得するものなので、

正しい言語習得プロセスに則った学習方法と言えます。。

 

 

Help Reduce the spread of COVID-19

例えば今であれば、コロナウィルスに関する表現などがあります。

 

www.apollosblog.com

 

コロナウィルスは自分だけの問題ではありませんが、

少なくとも自分に関連性が高いことは間違いありません。

 

自分に関連性が高ければ、

それが一般的かどうかは問題ではありません。

 

先日別記事でコロナウィルスに関連する英語表現をご紹介しましたが、

今日はコロナウィルスの予防に関する表現をご紹介します。

 

僕がストックしている表現で、

予防に関するものだけをピックアップしました。

Take steps to reduce the spread of the coronavius disease

 

follow the advice  of your local public health authority

地元の保険機関の指示に従ってください。

 

wash your hands often with soap and water for at least 20 seconds

頻繁に水と石鹸で最低20秒間は手を洗うようにしてください。

 

use alchol-based hand sanitizer if soap and water are not available.

水と石鹸がないときはアルコール消毒液を使ってください。

 

try no to touch your eyes,nose, or mouth

目、鼻、口を触らないようにしてください。

 

avoid close contact with people who are sick and practice social distancing

病気の人に接近するのを避けてソーシャルディスタンスを取るようにしてください。

 

cough and sneeze into your sleeve and not your hands

咳やくしゃみをするときは手ではなく袖にするようにしてください。

 

avoid non-essential travel outside Canada and consult travel health notice

カナダ国外への不要不急の旅行を避けトラベルヘルスノーティスに従ってください。

 

Symptoms

Symptons of COVID-19 may be very mild or more serious and may take up to 14 days to appear after exposure to the virus.

 

コロナウィルスの症状は軽いものだったり重かったりします。

ウィルスに感染してから最大14日間症状が現れます。

 

  • Cough
  • Fever
  • Difficulty breathing

 

If you have symtoms or have recently travelled outside Canada

Isolate at home to avoid spreading illness to others.

感染拡大防止のために自宅隔離をしてください。

 

Call ahead before you visit a health care professional or call your local public health authority

 

医療専門家を訪問する前に必ず電話をしてください。

もしくは現地の保険機関に電話してください。

 

Avoid visits with older adults , or those with medical conditions. They are higher risk of developing seriouse illness.

 

高齢者や健康状態に問題のある人を訪問するのを避けてください。

彼らは病気が深刻化するリスクが高いです。

 

If your symptoms get worse, contact your health care provider or public health authority right away and follow their instruction

 

症状が悪くなったら、すぐにヘルスケアプロバイダか公共保険機関に連絡して指示に従ってください。

 

まとめ

英語を学ぶ方法は教材や英会話スクールだけではありません。

 

日常生活の中にも数々の英語表現があります。

それはあなたのためだけの英語の教科書です。

 

ただ、注意深く観察していないとその教科書を見つけることはできません。

 

普段から意識して英語表現を見つける癖をつけてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。