英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職情報

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly

日本人が英語が話せない原因と日本の英語教育が抱える3つの問題点

今日は日本の英語教育が抱える3つの問題点についてお話ししますが、この3つはすべて英会話力の上達を阻害する要因となっています。

 

この記事を読んでいただければ、「そりゃ英語が話せなくて当然だわな」と納得してもらえると思います。

 

6年も英語を勉強しているにもかかわらず、日本人が英語を全然話せない理由は何だと思いますか?

 

単語や文法中心の勉強だから?

受動的な授業体制だから?

 

もちろん、それらも要因の1つであることに違いありませんが、そんな単純な問題ではありません。

 

根本的な問題点はもっと深い部分にあります。

 

英語でコミュニケーションをとれるようになるために英語を教えているにもかかわらず、むしろ英語が話せなくなるような教育をしているというパラドックスに陥っています。

 

 

 

日本の英語教育が抱える3つの問題点

f:id:Apollojustice:20191004080935j:plain

①使えない表現を学んでいる

日本の英語教育はもともと、海外の書籍や論文が読めるようになるためにカリキュラムが組まれたのが始まりと言われています。

 

戦後の日本が急速な経済発展を遂げるためには、海外の情報に触れる必要があったからです。

 

そのため、難解な文章を読むための訓練ばかりが重視され、コミュニケーションツールという英語の本来の役割は完全に無視されてきました。

 

大学受験に必要な英単語数は約5000-8000語といわれています。

しかし、1000語あれば一般的な英語の85%はカバーできると言われています。

 

 

www.apollosblog.com

 

3000語覚えれば会話の96%はカバーできると言われています。

 

つまり、必要のない単語を2000語以上も覚えさせられているということです。

 

ネイティブですら一生で数えるほどしか使わない単語を覚える必要性は、果たしてあるのでしょうか?

 

長文読解スキルも身に着けておいて損はないですが、海外で10年近くビジネスをしてきた僕の経験から言うと、ああいった難解な文章に出会ったことはほぼありません。

 

日本の英語教育は言語学者になるための英語教育であって、

コミュニケーションの手段としての英語教育ではありません。

 

②「間違えることは悪いこと」という刷り込み

日本の英語教育は試験で点数をつけるための英語教育です。

 

試験で点数をつけるためには必ず正解と不正解が存在します。

そのため、英語に対して無意識に「間違えてはいけない」という思い込みを作ってしまいます。

 

「間違えること=悪」という刷り込みは、英語を話すときの心理的ブレーキになります。

 

日本人は英語で会話をするときに正しい英語を話そうとします。

文章が完璧にできてからでないと話すことができないので、結局何も話せずに終わってしまうのです。

 

会話のインターバルはせいぜい1秒から2秒です。

ゆっくり文章を考えている時間などありません。

 

僕は今まで数々の言語習得者(英語以外の言語も含む)を見てきましたが、

彼らが口をそろえて言うことは「間違いを恐れるな」ということです。

 

たくさん間違えたほうが上達のスピードは速いです。

 

www.apollosblog.com

 

日本の先生で、「英語は第2言語だから間違えても当たり前」ということを教えている人を見たことがありません。

 

受験英語は「間違えてはいけない」という意識をますます加速させるでしょう。

 

③英語をより複雑にして理解させようとする

このブログでは何度もお話ししていますが、「英語は簡単だと思い込むこと」はとても重要です。

 

英語は簡単です。

なぜなら小さい子供でもペラペラ話せるからです。

 

特殊なスキルや知識が必要ならば、小さい子供が英語を話せるようになるはずがありません。

 

小さい子供よりも大人の方が脳みそが発達しているのだから、

普通に考えれば大人のほうが英語がうまいはずです。

 

「英語=難しい」というメンタルブロックは、英語を話せなくしてしまいます。

 

自分の英語力に自信たっぷりだった僕も、このメンタルブロックのせいで全然英語が話せなくなってしまったことがあります。

 

www.apollosblog.com

 

日本の英語教育が、英語をより複雑かつ難解にして理解させようとするのには理由があります。

 

簡単だったら試験の点数に差がでないからです。

 

しかし、この教え方は英語の会話力上達の大きな妨げになります。

 

英語教育改革は根本的な解決になっていない

近年では日本の英語教育が問題視され、教育改革も行われています。

 

ただ、僕からすると根本的な解決になっていないように思えます。

 

日本人が英語を話せないのは、中学校から英語学習を始めたからではありません。

「小学校から英語の勉強を始めれば話せるようになる」という単純な問題ではないです。

 

仮に小学校で会話中心の英語学習をしたとしても、中学校以降の英語学習に変化がないのであれば何の効果もありません。

 

表面的なカリキュラムを改善しても、この記事でお話しした3つの問題点が改善されていないのであれば、日本人が英語を上手に話せるようにはならないでしょう。

 

自分の子供の英語力を向上させたいのであれば、英語学習を学校任せにしないことです。

 

www.apollosblog.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。