英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職ブログ

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly,italki

【IELTS】英語の総合力を高めたいならIELTS受験がおすすめ

僕はTOEICを受験したことがないし、

TOEICの情報発信をしている人はたくさんいるので、

僕はIELTS(アイエルツ)に関する情報発信をしていこうと思います。

 

プロフィール欄にも書きましたが、

僕のIELTSスコアは6.5です(満点は9.0)。

 

内訳はReading8.0、 Writing6.5、 Speaking6.5、 Listening6.0です。

(リスニング苦手。しかもイギリス英語だからさらに苦手)

 

これは2017年カナダで永住権申請の際に、

IELTSのスコアが必要だったために受験しました。

 

IELTS受験にあたり問題集を2冊購入しました。

 

試験対策はそれだけです。

Speakingに関してはまったく勉強せず当日を迎えました。

 

当時は余裕をぶっこいていたので、

今思えばよくあんな状態で受験したなあと思います。

 

 

英語の総合力を高めたいならIELTS受験がおすすめ

f:id:Apollojustice:20200503125606j:plain

 

学校で受験英語を勉強してきた日本人にとっては、

TOEICは最も馴染みやすい試験と言えます。

 

机に向かってガリガリ勉強すれば、

その頑張りがスコアに反映されるのもTOEICのよいところです。

 

ただ、スピーキング力はいっさい上がらないというデメリットもあります。

マークシート形式なのでライティング力も磨かれません。

 

IELTSはReading,Writing, Speaking,Listeningの4つすべてが試験科目なので、

英語の総合力が求められます。

 

特に僕の場合はマネージャー職での永住権申請だったため、

一般職の人よりも足切りスコアが高めに設定されていました。

(1つでも6.0を下回ったら不合格)

 

つまり、バランスよく英語力が身についていないとダメだということです。

 

水泳で例えるなら個人メドレーみたいな感じです。

 

カナダの永住権申請だけでなく、

IELTSは世界中の大学などでも英語能力を測る基準として採用されているので、

留学や海外就職の際に自分の英語力を示すのにも使えます。

TOEICスコアは日系企業ぐらいしか通用しません)

 

みんながTOEICを勉強しているからこそ、

あえてIELTSに挑戦してみるというのもいいのではないでしょうか?

 

僕のIELTS受験体験

当時はアルバータ州のバンフという小さな町に住んでいたため、

IELTSを受験するために2時間離れたカルガリーまで出向く必要がありました。

 

当日の移動では当然間に合わないので、

ホテルに前泊して試験に臨みました。

 

試験会場はカルガリー市内にある語学学校だったと思います。

 

自分以外に20名ぐらい受験者がいました。

 

記憶が定かではありませんが、

試験の終わりまで携帯電話を没収されたような気がします。

 

試験前にはIELTS受験のルールが説明され、

主催者側から渡された鉛筆2本と消しゴム以外は別室で保管されました。

 

試験のときのことはほとんど覚えていませんが、

リスニングがあまりできなかった記憶があります。

 

イギリス英語の聞き取りが本当に苦手なんですよね(言い訳)。

 

しかも音声は1回しか流れないため、

聞き逃したら勘で答えるしかありません。

 

おそらく問いになるであろうと思われる「数字」などをメモするのですが、

見事に裏をかかれて、全く数字と関係のない質問を聞かれたりもしました。

 

スピーキングはただ喋るだけではなく、

どんなことを聞かれるのかも予想できないので苦労しました。

 

「あなたが今までに上げた中で一番のプレゼントは?」

 

みたいな質問だったと思います。

 

日本語で答えるのも困るような質問だったので、

英語で話すことよりも答えを考えるほうが大変でした。

 

もちろん、黙っていたら減点対象になるため、

適当に話を作って喋った記憶があります。

 

(妻に指輪をあげた話をした記憶が...)

 

あとのことは覚えていません。

 

まとめ

TOEICに関する情報発信をしている人はたくさんいるので、

わざわざ僕が情報発信をする必要はないと思っています。

 

なのでIELTSに関するお役立ち情報を発信していこうと思います。

 

IELTSを受験する予定のない人にもためになる内容だと思うので、

「自分には関係ない」と思わずに聞いてもらえると嬉しいです。

 

お楽しみに。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。