英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職情報

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly

英語学習をストレスにしてはいけない

英語学習に挫折する理由は、英語を勉強することがストレスだからです。

ストレスとまではいかずとも、英語を勉強することが苦痛だから挫折してしまいます。

 

もし仮に英語を学ぶことが好きで好きでたまらないとしたら、たぶん挫折することのほうが難しいのではないでしょうか?

 

はっきりいっておきますが、苦痛を感じながら英語を勉強したとしても大して上達することはありません。

 

得意分野だけを学ぶ

もしあなたがTOEICなどの試験英語を学ぶことが目的なのであれば、様々な分野をまんべんなく学んでおく必要があります。

 

でも、もし英語でコミュニケーションを取ることが目的なのであれば、必ずしも幅広く英語を学ぶ必要はありません。

 

人には向き不向きがあります。

 

我々にとって英語とは中学校の授業科目として学び始めたという経験があります。

そのため、英会話を勉強するときも「学校で英語を学んだようにしなければならない」という錯覚があります。

 

つまり、英語の試験勉強をするように網羅的に勉強をしなければならないと思っているということです。

 

英語の中にも様々な分野があります。

リーディング、ライティング、スピーキング、リスニングなど。

他には文法、単語、発音なんかもあります。

 

でもこのすべてのスキルが必要であるかと言われれば、必ずしもそういうわけではありません。

 

ある国には、日本語ペラペラだけど日本語の読み書きはまったくできない外国人がいます。

でも、その人は日本人のツアーガイドとして働いています。

 

彼にとって、読み書き能力というのはまったく必要がないのです。

 

「英語の発音がどうしても苦手」だというのであれば、発音改善には取り組まなければいいと思います。

自分に向いていないことをやるのは苦痛なだけです。

 

それよりも自分が得意なことに取り組んだ方が、より強みを伸ばしていくことができるし、精神衛生上もそちらのほうが健全です。

 

ゼネラリストよりもスペシャリストを目指す生き方のほうが、世の中から必要とされる人材になりやすいです。

 

これは英語だけに限った話ではありません。

 

儲かるからといって自分の得意分野でないビジネスに手を出したとしても、うまくいかない可能性のほうが圧倒的に大きくなります。

 

そのビジネスが苦痛でしかない自分と、情熱をもって取り組んでいる人では、出せる結果が全く違うというのは簡単に想像できると思います。

 

好きなことだけ学ぶ

例えば僕は仕事に関する英語を学ぶことは好きです。

 

でも、子供と話す英語の会話は苦手です。

息子の同級生に突然話しかけられても、返答に困ってしまうことがよくあります。

 

でも、それは単純に僕がそれに関する表現を知らないだけです。

だからといって、自分の英語レベルが低いかと言われれば、決してそういうわけではありません。

 

ただ、英語で学ぶべきことは無限に存在するんです。

 

子供との英語が話せなかったから、そのことについて学ぶ。

すると、今度は病院で使う英語がわからなかったから、それについて学ぶ。

 

これではキリがありません。

 

時間が有り余っている人であれば、すべてのことを網羅的に勉強すればいいと思いますが、忙しい人はそんなことに時間を割いている暇はないと思います。

 

だったら、そういうことは後回しでいいと思います。

 

もちろん、病院で使う表現などは生きていく上でも必要になることがあるので、最低限知っておいた方がいいですが、そこを突き詰めて学ぼうとすると莫大な時間がかかります。

 

子供と話す英語だって、周囲の大人が子供に話している英語を聞いていると自然と頭に入ってきます。

机に向かってわざわざ勉強する必要もありません。

 

哲学的になりますが、人間というのは必要なものはすでに手に入れているのです。

それをもっていないということは、その人にとって必要でないということです。

 

必要でないなら、あえて学ばなくてもいいですよね。

 

英語自体向いてない場合

残念ながら、英語自体が向いていないという人もいます。

 

英語が苦痛で苦痛で仕方ないし、他の人よりも何倍も努力しなければ上手になれない。

 

もし、あなたがそうなのであれば、他に自分の好きなことを見つけて、そちらに時間を費やす方がいいと思います。

 

人生の貴重な時間を苦痛を感じながら過ごす必要はありません。

向いていない分野は、どんなに頑張っても結果が出ないようになっています。

 

それは天が僕たちに「あなたの進むべき道はこちらではない」ということを教えてくれているからです。

 

英語が話せないなら、話せる人に助けてもらえばいいだけです。

 

英語を学ぶ目的を究極的に突き詰めて考えたら、幸せな気分を味わいたいからであるということがわかります。

 

もし幸せを感じることが目的なのであれば、その手段は英語である必要はありません。

 

せっかくの貴重な人生を、苦痛を感じながら生きるのはもったいないです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。