英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職情報

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。

業界未経験でも海外就職をするのに有利なスキル?を教えます。

海外就職をするにあたり、有利になるスキルとはあるのでしょうか?

 

もちろん語学力が高いのは有利であることに間違いはありませんが、それはあえて記事にするほどでもないので、ここでは割愛します。

 

海外就職だけに限った話ではありませんが、自分が働く業界の知識や経験、実績などがある人がもっとも有利であるといえます。

 

でも業界未経験でも海外就職に有利に働くスキル(?)というのがあるんです。

今日は僕が長年海外で働いて感じた、業界未経験でも海外就職に有利に働くスキル(?)についてお話します。

 

海外就職に資格は必要か?

基本的に海外就職に資格は必要ありません。というか、日本の資格は海外では役に立ちません。

 

もちろん、ある業界のかなり専門的な資格を持っている場合は、就職活動に有利に働く場合がありますが、それは別に海外就職のための資格ではありません。

 

しかも、仮にその資格が有利に働いたとしても、海外の日系企業のみです。

海外の外資系企業は日本の資格など知りません。

 

英語の資格もあるに越したことはないですが、英検やTOEICというのは日系企業のみに

通用する英語の資格になっており、もし外資系企業を希望するならIELTSを受験しておくことをおすすめします。

 

業界未経験でも海外就職に有利に働くスキル?とは

スキルの後ろに(?)をつけているのは、今回ご紹介するものは厳密に言うとスキルではないからです。

 

でも何と表現すればいいのかわからないので、とりあえずスキルということにしておきました。

 

海外就職をするにあたり有利になるスキル、それは「海外就労経験」です。

 

海外で働きたいから海外就職を考えているのに「海外就労経験」とは矛盾している、と思う人もいるかもしれませんね。

 

より具体的に言うなら、「海外でインターンシップ」で働くということです。

 

自分も採用する側の人間だったのでわかりますが、いろんな人のレジュメを見ていて海外で働いた経験のある人は、仮に業界未経験だったとしてもすごく魅力的な人材に思えます。

 

海外旅行経験は海外就職に役に立ちませんが、海外で働いたことがあるという経験はかなりプラスの評価になります。

 

だから、もしあなたが業界未経験だけど海外就職したいと思うのであれば、何かしらのインターンシップに参加して、海外就労経験を作るのがおすすめです。

 

ちなみに僕自身はインターンシップで働いたことはありません。

ですので、詳細についてはわかりかねますが、インターネットで検索すれば何かしらの情報が出てくるはずです。

 

ワーホリの海外勤務経験は有利になるか?

「ワーキングホリデーで海外就労経験がある」と言う人は、海外就職に有利になるのでしょうか?

 

僕個人の見解では「普通の人よりは有利になるが、そこまで影響が大きいわけではない」と思います。

 

しかも、海外の現地オフィスが直接採用活動をしている場合は、まったくプラスにならない可能性もあります。

 

日本にいるとたとえワーホリであったとしても、海外で働いた経験は重宝されることがあります。

しかし、海外ではそういう人材は当たり前のようにいるので、大して魅力的に見えません。

 

特にワーホリをしていた時の仕事が、「ジャパレス(日本食レストラン)」などの場合は、まったく海外勤務経験が有利に働かないと思います。

 

ワーホリでもだめではありませんが職種によるので、僕個人としてはインターンシップのほうがいいと考えています。

 

インターンシップで実績を残す

インターンシップは無給かもしくは最低賃金で働くことになります。

 

そのためリスクもありますが、そこで結果を出してその会社に気に入られれば、そのままビザサポートしてくれて、ジョブオファーをもらえる可能性があります。

 

もちろん、企業によってはハナからビザサポートなどする気もない会社もありますので、そのあたりは見極めが必要です。

 

海外で働いた経験を持つと、日本で仕事を探す場合にも非常に有利になります。

僕は昔、某外資系求職サイトに登録していたのですが、いまだにスカウトメールがたくさん来ます。

 

それぐらい「海外就労経験」というのは魅力的に聞こえるのだと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。