英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職ブログ

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly,italki

思えばもう4年ぐらい日本に帰ってない【ひきこもり生活】

先日妻と話していて気が付いたのですが、

実はこの4年間一度も日本に帰国していないことに気が付きました。

 

自分の中では2年に一度ぐらいのペースで行ってる感覚でした。

 

本当は去年一時帰国する予定でしたが、

引っ越しやらコロナやらで結局実現せず。

 

今年もコロナが収まっていなければ、

おそらく日本に行くことはないと思います。

 

それにしても4年は長いですね。

 

シンガポールやベトナムの頃は頻繁に一時帰国してました。

 

距離も近いしチケット代も安いので、

1年に複数回一時帰国することも当たり前でした。

 

カナダは遠いし航空券代も高い。

 

去年次男が生まれたので、

出費はますますかさむことになります。

 

日本の滞在費を含めると、

一回の一時帰国で1万ドル程度かかるかもしれません。

 

海外在住者は一時帰国費用がかかるので、

日本に住んでいる人よりも余分に稼ぐ必要があります。

 

絶賛引きこもり生活中

f:id:Apollojustice:20210228083654j:plain

 

自宅で仕事をするようになってから、

人と接触する機会がとにかく減りました。

 

会社員の頃はバリバリ使っていた英語もさび付き、

今ではほぼ日本語しかしゃべっていません。

 

コロナ関係なく家族以外の人と接する機会がほとんどありません。

 

外出と言えば、息子の学校の送り迎えと、

買い出しに出かける程度。

 

家族がいるのでかろうじて遊びにいったりしてますが、

自分ひとりなら間違いなく自宅とスーパーの往復生活だったでしょう。

 

僕はそういう生活でも苦にならないですが、

人と接するのが好きな人はつらいと思います。

 

海外では積極的に交流の場に出ていかない限り、

このような隠居老人のような生活になる可能性があります。

 

仕事をしていれば職場の人間と交流がありますが、

一人で仕事をしている場合や専業主婦の場合などは、

本当に人と接する機会が少ないです。

 

よほどのことがない限り、

ローカルの友人などはできないでしょう。

 

僕はかろうじて学校の送り迎えがあるので、

ローカルの人と会う機会はあります(ほとんど会話はしない)が、

独身ならそういう機会もありません。

 

住んでいる地域にもよりますが、

カナダのように娯楽が少ない国だと、

一人でどこかに遊びに行くという気にもなりません。

 

内向的で人と接するのが苦手な人は、

海外移住すると隠居老人のような生活になるかもしれません。

 

海外生活というと華やかなイメージがあるかもしれませんが、

実際は退屈で地味な生活をしています。

 

日本のようなストレスがないのは大きな魅力ですけどね。

 

独身者で休みの日も家にこもってYoutubeとかNetflixばかり見てるなら、

海外に住んでる意味ってあるんだろうかと思います。

 

僕は海外で子供を教育したいという思いがあります。

ストレスのない暮らしに満足してるというのもありますが。

 

これから海外移住を考えている人は、

隠居老人生活になる可能性も踏まえたうえで、

海外移住にチャレンジしてもらうのが良いかと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。