英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職ブログ

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly,italki

海外在住者に求められる情報収集能力

久しぶりの投稿になります。

 

ポッドキャストでは宣言しましたが、

今年はブログの更新頻度をかなり落とす予定です。

 

別ブログの記事になりますが、

去年は3つのブログ合計で670記事を投稿したようです。

www.specializedblog.com

 

というわけでこのブログの更新頻度も落ちますが、

完全に更新をストップするわけではないので、

今後ともぜひよろしくお願いいたします。

 

今日は「海外在住者に求められる情報収集能力」というテーマです。

 

 

f:id:Apollojustice:20210212081359j:plain

情報社会における海外在住のメリット

情報社会における海外在住のメリットは、

不要な情報が入ってこないことです。

 

日本で暮らしていると膨大な量の情報を受動的に受け取ることになります。

 

そういう無駄な情報が増えれば増えるほど、

人生は停滞してしまいます。

 

例えば芸能人のスキャンダルなど。

 

ほとんどの人にとっては、

自分の人生に1ミリも関係しないような不要な情報だと思います。

 

しかし、日本で暮らしていると、

テレビ、新聞、雑誌、ネット、日々の会話などで、

こういうどうでもいい情報を受け取ることになります。

 

ただ受け取るだけならまだいいのですが、

そういう情報に翻弄され感情を乱される人も少なくありません。

 

人生の時間は限られているのだし、

我々の残り時間は刻一刻と減っているのだから、

そんなことよりも人生を充実させることに時間を使った方がいいです。

 

海外ではこのような情報を受動的に受け取ることは少なくなります。

 

ブラウザをGoogleにしておけば、

Yahooニュースのような情報が飛び込んでくることもありません。

 

「そんなことしたら時代に遅れるのでは?」

 

と思う人もいるかもしれませんが、

自分に必要な情報だけ取りに行けばそれで十分です。

 

少し前に日本でタピオカが流行ったことがありましたが、

海外在住者にとってはどうでもいいことです。

 

そんなこと知らなくても人生に何の影響もありません。

 

自分で情報を受け取りに行く能力

海外では自分から積極的に情報を受け取りにいかないと、

貴重な情報を逃してしまうことがあります。

 

カナダの例で言うと、

 

  • 子供手当
  • デイケアの補助金
  • コロナ支援金
  • レント補助金
  • 健康保険の歯科治療補助(子供)

 

こういったお得な情報は黙っていても入ってきません。

 

みずから情報を取りにいっていなければ、

これらのお金は受け取れていませんでした。

 

まだまだ僕たちの知らないこともあると思いますが、

普段からアンテナを立てて情報を拾いに行く意識は持っておくのが良いです。

 

海外在住者は言語力を磨くべし

海外在住者が受け取る情報は、

日本語の情報ばかりではありません。

 

英語(現地語)が理解できないと受け取れない情報もあります。

 

海外在住者の中には日本語オンリーで生活している人も少なくありませんが、

そういう人は行動範囲や交友関係が狭くなるだけでなく、

お得な情報や貴重なチャンスまで逃してしまう可能性があります。

 

せっかく海外で暮らすのであれば、

その国を最大限に楽しめるような努力はしたほうがいいです。

 

自立が求められる海外在住者

コロナの影響は今年もまだまだ続いています。

 

経済に与える影響は去年よりも今年のほうが大きいと予測されます。

 

去年持ちこたえた会社も、

今年はどうなるかわかりません。

 

海外在住者は日本政府からの補助ももらえず、

在住国によっては一切の支援も受け取れません。

 

海外に住んでいる日本人こそ自立が求められる時代がやってきました。

 

僕は幸運にもコロナ問題が起こる前に起業して、

ネットを使って収入を得ていたので影響はまったく受けませんでした。

 

収入のすべてを会社に依存していたら、

今頃どうなっていたかわかりません。

 

時代は急速なスピードで流れています。

 

いつまでも古い価値観のまま生きていると、

完全に時代に置いてきぼりにされてしまいます。

 

海外で挑戦する日本人の応援を応援するため、

海外で活躍する日本人を増やすため、

Facebookページの名前を変更しました。

(バナーもいずれ変更します)

(5) 海外で挑戦・活躍する海外在住日本人を応援するページ | Facebook

 

海外在住者が自分の力で人生を切り開くために必要な情報を定期的に発信しています。

 

興味のある方はぜひフォローしてみてください。

 

まだまだコロナとの闘いは続きますが、

前向きに頑張っていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。