英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職情報

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly

たった3か月、2日に1回ネイティブと英会話レッスンをするだけで合法的にお金がもらえる極秘手法とは?

「ネイティブスピーカーと英会話レッスンをするだけでお金がもらえる」

 

そんな素敵な方法があったら、あなたは知りたくありませんか?

 

しかもそれだけではありません。

 

全世界で通用するCertificate(修了証明書)までもらえます。

 

このCertificateがあれば、

海外の大学に留学したり国内外の企業に就職する際に、

あなたの英語スキルをアピールすることができます。

 

あなたがやることは、「3か月間英会話レッスン」を受けるだけ。

 

勘のいい方はもうお分かりですね。

 

そう、全世界で20000人以上の英語学習者が受講した、世界一のオンライン英会話サービス「Lingoda」の提供するLanguage Marathonです。

 

Lingoda_EN_EN

 

Lingodaの詳しい概要については、以前こちらの記事でご紹介しています。

 

www.apollosblog.com

 

Lingodaには、「ある条件をクリアすれば授業料が返還される」というLanguage Marathonなる企画があるのですが、その企画がリニューアルされたので今日はそのご紹介です。

 

ちなみに海外のオンライン英会話サービスですが、

超初心者でも参加が可能で、日本人受講生もいるので安心です。

 

 

 

Lingoda Language Marathonとは?

 

以前のLingodaマラソンは3か月間毎日レッスンを受講すれば、

授業料が全額返金されるという企画でした。

 

その後Lingodaが生徒側のフィードバックをもとに、

現在の形のマラソンへとリニューアルしました。

 

現在のLanguage Marathonは、「3か月」、「半年」、「1年」と期間を選択することができます。

 

そして以前は開催期間が決まっていましたが、

現行のマラソンは通年参加することができます

 

以前のマラソンはグループレッスンと

プライベートレッスンの区別はありませんでしたが、

現行のマラソン企画は授業形態を選択することができます。

 

グループレッスン

f:id:Apollojustice:20191115121411p:plain

こちらがグループレッスンのLanguage Marathonの概要です。

 

詳細なマラソンの内容は次の通りです。

 

Quarter Marathon:3か月45クラスのうち90%を消化すれば€50を返還

Half Marathon:6か月90クラスのうち90%を消化すれば€250を返還

Full Marathon: 1年180クラスのうち90%を消化すれば€600を返還

 

2日に1回以上レッスンを受ければ、授業料の一部が返還される仕組みです。

これならそれほど難しくありませんね。

 

プライベートレッスン

f:id:Apollojustice:20191115121442p:plain

 

詳細は以下の通りです。

 

Quarter Marathon:3か月45クラスのうち90%を消化すれば€120を返還

Half Marathon:6か月90クラスのうち90%を消化すれば€600を返還

Full Marathon: 1年180クラスのうち90%を消化すれば€1400を返還

 

ラソンに参加するメリット

このマラソンに参加するメリットは「お金が戻ってくること」ではありません。

 

もちろんそれもメリットの一つですが、

本質はそこではありません。

 

本当のメリットは、

授業料一部返還というモチベーションによって、

レッスンをサボることがなくなるということです。

 

つまり、それだけ成果がでやすいということです。

 

通常のオンライン英会話レッスンであれば、

レッスンを受けても受けなくても授業料は変わりません。

 

そうすると、面倒くさいときはレッスンをサボるようになってしまうのです。

 

毎日モチベーションを維持するのは大変です。

忙しかったり、気分が乗らない日もあります。

 

そんなときは英語の勉強は後回しにされがちです。

そしてサボり癖が一度ついてしまうと、

その後もズルズルとサボるようになってしまいます。

 

英語学習において最も重要なことは「習慣化すること」です。

 

一度習慣化してしまえば、「やらない」ときに居心地の悪さを感じるようになります。

そうなってしまえば、英語を勉強せずにはいられなくなります。

 

意志の力は非常に弱いです。

だから、「お金」という外発的モチベーションがないと、

なかなか行動することができないのです。

 

 

このマラソン企画は、人間の本能をうまく活かした素晴らしい企画だと個人的に思っています。

 

Lingodaの授業料は高い?

Lingodaは日本の安価なオンライン英会話サービスと比較すると、

少し授業料が高いような印象があります。

 

しかし、声を大にして言いたいのは、

 

「安ければ安いほど効果は薄い」

 

ということです。

 

その理由はこの記事で説明しています。

 

www.apollosblog.com

 

かいつまんで説明すると、料金が安ければ安いほど受講生の真剣度が低くなり、学んだことが身になりづらいということです。

 

これはすでにデータとして立証されています。

 

ビジネスセミナーの内容が全く同じでも、

低価格のセミナーと高額セミナーでは、

後者のほうが圧倒的に成果が出やすいというデータがあります。

 

あなたも自分自身に置き換えて考えてみてください。

 

たくさんお金を払ったなら、「ぜったいに元を取ろう」と真剣になりますよね?

 

ほとんどの英語学習者は低価格なサービスを選択していますが、

実はそれは逆効果なのです。

 

長期的に英語にかける金額で考えると、

少額のものをズルズルと消化するよりも、

高めの教材で一気に成果を出すほうがトータルコストは安くなります。

 

Lingodaはそこまでずば抜けて授業料が高いわけではありませんが、

 

  • 世界一の実績
  • 全員認定済みのネイティブスピーカー
  • 全世界で通用する修了証明書(Certificate)

 

などを加味して考えると、むしろ安すぎるぐらいだと思っています。

 

興味ある人は、冒頭で紹介した過去記事を参照してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

Lingodaの詳細はこちらからどうぞ。

Lingoda_EN_EN