英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職ブログ

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly,italki

【経験者が語る】英会話レッスンを受けるなら講師はネイティブスピーカーが良い理由とは?

英語を学ぶ目的はひとそれぞれですが、

もしあなたがビジネスで頻繁に英語を使う機会が多かったり、

ネイティブスピーカーと話す機会が多いのであれば、

英会話レッスンはネイティブスピーカーの講師を選ぶことをお勧めします。

 

日本では数多くのオンライン英会話レッスンがありますが、

その大半はフィリピン人講師によるものです。

 

フィリピン人の英語レベルは極めて高く、

発音や文法も正確(ただし人による)なので英語を教えてもらう相手としては理想的です。

 

ゴリゴリになまったフィリピン人もいますが、

そういう人は英会話講師をやらないと思うので、

それについては心配しなくても大丈夫でしょう。

 

彼らのレッスンを受けても英語の会話力は上達しますが、

ネイティブスピーカーと会話できるようになるかというと、

必ずしもそういうわけではないと自分の経験から断言できます。

 

 

 

英語が話せない意外な原因

多くの人は英語が話せないのは単純に英語レベルの問題だと思っています。

もちろん、ある程度の英語レベルが伴わなければ英語をペラペラ話すことはできません。

 

しかし、英会話スキルは高いのに英語が話せない人がいます。

正確には「話せない」のではなく、「話せなくなる」が正しい表現です。

 

英語が話せなくなる原因、それにはセルフイメージが関係しています。

 

「私は英語が苦手である」、「私は英語が上手に話せない」というセルフイメージを持ってしまうと、英語レベルが高い人でも英語が話せなくなってしまうことがあるのです。

 

僕自身もこのセルフイメージが原因で英語が話せなくなってしまった時期があります。

 

突然英語が話せなくなってしまった体験

僕は海外で働くようになってから、日常的に仕事で英語を使うようになりました。

 

英語はもともと得意だったし英語の勉強は欠かさず行っていたので、

ベトナムシンガポールで働いていたときに英語で苦労したことはありませんでした。

 

カナダに移住してからも、現地のサプライヤー(取引先)とは英語で会話をすることがほとんどでしたが、特に英語のコミュニケーションで困ったことはありませんでした。

 

ベトナムシンガポールと違い、カナダではネイティブスピーカーと話す機会が圧倒的に多いです。

 

今になってみるとわかるのですが、僕がカナダ人との英語のコミュニケーションに困らなかったのは、彼らが非ネイティブの人々のためにわかりやすい英語で話してくれていたからでした。

 

その後、バンフにある観光施設(アメリカ企業)で働き始めました。

 

それまで取引先だったネイティブの人々が、

ある日突然同僚として働くことになったのです。

 

特に苦労したのがオーストラリア人、ニュージーランド人、イギリス人のアクセントでした。

 

アメリカ英語に慣れていた僕は、彼らの話す英語が理解できないことがありました。

 

特にマンチェスター出身の女性スタッフの英語は、

ほぼ何を言っているのかわからない状態でした。

 

カナダ人の同僚の話す英語はほぼ完璧に理解できるのに、

それ以外の国の人々の英語は聞き取れないことが多かったのです。

 

それだけではなく、アメリカの地方からやってきたお客さんの接客をしていたときも、

彼らの話す英語がわからないことがよくあったのです。

 

それまで一度も英語のコミュニケーションにストレスを感じたことはなく、

むしろ自分の英語力に自信を持っていた僕のプライドは完全に崩れ去ったのです。

 

それ以来、ネイティブの人々と話す時はいつも心のどこかに恐怖を感じていました。

 

「彼らの言うことが理解できなかったらどうしよう」

 

と、今まで感じたことのない恐怖を常に抱えるようになったのです。

 

セルフイメージとは恐ろしいもので、

こういうことを考え続けていると、どんどん英語が下手になっていくのです。

 

しまいにはカナダ人が話している英語すら聞き取れないようになりました。

 

非ネイティブの人々と英語で会話をするときも、

全然言葉が出て来ず半年間本当に苦しい思いをしました。

 

それまでは英語で会話をするのが楽しかったですが、

その頃の僕は英語で会話をするのを避けるようになったのです。

 

そのトラウマの傷は深く、今でも完全に消え去ったわけではありません。

 

それぐらいセルフイメージが与える影響力というのは大きいのです。

 

ネイティブスピーカーと話すときの緊張感に慣れる

f:id:Apollojustice:20200204140235j:plain

シンガポール、インド、フィリピンなど、

非ネイティブスピーカーにもかかわらず英語を流暢に話す人々がいます。

 

自分の過去を振り返ってみると、彼らに対して英語を話すときは自信満々なのに、

ネイティブスピーカーの前に出ると少しビビっていたことに気づきました(上述事件の後)。

 

1対1でネイティブと話す時は問題ないのですが、

ネイティブ同士が話している会話に参加するとやはり緊張してしまうことがあります。

 

何が言いたいのかと言うと、

もしあなたが非ネイティブに対して流暢に英語を話せるとしても、

ネイティブが相手になるととたんに話せなくなることがあるということです。

 

1対1の時は相手もこちらに伝わりやすい表現で話してくれます。

 

でも自分と複数のネイティブになったときは、

彼らの会話にまったくついていけないなんてこともよくあります。

 

だから、非ネイティブ相手に英語が流暢に話せるようになったからと言って、

(かつての僕のように)そこで慢心してしまわない方がいいということです。

 

今でも非ネイティブと英語で会話をするときはリラックスして話せますが、

ネイティブと話す時は、若干構えてから会話するということを無意識にしてしまっています。

 

ネイティブスピーカーのレッスンが受けられるオンラインサービス

「(非ネイティブと)英語でペラペラ話せるから自分の英語は完璧だ」と思っていると、僕のように痛い目に遭ってしまいます。

 

そうなると立ち直るまでに相当時間がかかります。

 

僕自身も半年間「全然英語がスムーズに話せない」という苦しい時期がありました。

 

そうならないためには、ネイティブスピーカーからレッスンを受けるのが一番です。

 

人間にはミラーニューロンと呼ばれるものまね細胞があります。

自分と接する人間に影響を受けてしまうのはこの神経回路の働きによるものです。

 

シンガポール人とばかり話していると、

彼らと同じレベルの英語力になることはできても、

彼ら以上に英語レベルが高くなることはありません。

 

自分より英語が上手でない人と長時間英語で会話をしていると、

自分の英語もどんどん下手になっていきます。

 

それと同じでネイティブスピーカーと長い時間英語で会話をしていると、

彼らの影響を受けて英語レベルが飛躍的に上昇するようになるのです。

 

英会話の上達が頭打ちになっている人には非常におすすめです。

 

このブログでは日本では紹介されていない、海外のオンライン英会話レッスンをいくつか紹介しました。

 

どちらも世界中の英語学習者が利用している権威あるオンライン英会話サービスです。

 

 

Lingoda

www.apollosblog.com

 

世界でもっとも利用者数の多いオンライン英会話サービスです。

 

講師は100%ネイティブスピーカーで、

海外の大学や企業も公認している修了証明書がもらえるのが特徴です。

 

講師もしっかりとトレーニングを受けた人ばかりなので安心して利用できます。

 

ネイティブスピーカー相手というと気後れするかもしれませんが、

超初心者から利用可能なので心配はいりません。

 

海外にはワンツースリーも分からない人がたくさんいます。

日本人だからと遠慮する必要はないということです。

 

一般的な日本の英語学習者と差別化したいのであれば、

Lingodaで英会話レッスンを受けることをおすすめします。

 

Pronunciation Pro 

 

www.apollosblog.com

 

英語コーチと呼ばれる人が英語を話しているシーンを見たことがありますが、

発音は完全に日本人の発音でした。

 

彼らのような専門家ですらマスターするのが難しいのが「発音」です。

 

英語の発音は学ぶものというよりは矯正するものです。

 

海外では英語発音矯正の資格が存在するぐらい、

英語の発音矯正には特別なスキルが必要になります。

 

だからこそ専門家から正しいレッスンを受ける必要があるわけです。

 

ネイティブの講師であれば誰でも発音を教えられるわけではありません。

 

Pronunciation Proは発音矯正のスペシャリストのAnnie Rudenが開発したプログラムです。

 

僕自身も今から4年ほど前に受講しました。

 

オンラインで受講可能で12モジュールを1年間かけて学びます。

 

毎月プログラムが送られてくるので、

ペースメーカー代わりになってくれるのもありがたいです。

 

英語が上手な日本人はたくさんいますが、

発音が綺麗だなと思う人はそのほんの一部の人だけです。

 

詳しくは上記リンクをご確認いただければと思いますが、

発音が上手になると英語を話すのが楽しくなり、

周囲から尊敬のまなざしで見られるようになります。

 

なぜなら綺麗な英語の発音をできる人がほとんどいないからです。

これは日本人だけに限らず全世界共通です。

 

italki

 

www.apollosblog.com

 

ネイティブスピーカーと英会話レッスンしたいけど、

英語のプラットフォームはハードルが高いという方は、

italkiというサービスを使うこともできます。

 

こちらのサイトであれば日本語のインターフェイスで利用することができ、

登録講師もネイティブスピーカーばかりです。

 

ただ英語を習うだけでなく、世界中の人と交流することもできるので、

海外の友達を作ることも可能です。

 

レッスンは月額だけでなく、レッスンごとの支払いになるので、

月額分ペイできないぐらいしか英会話レッスン利用していない人は、

こちらのサービスがおすすめです。

 

 

まとめ

「大は小を兼ねる」ではありませんが、

あなたの目的が「ビジネスで英語を使う」にせよ、

「海外旅行で英語を話せるようになる」にせよ、

ネイティブスピーカーからレッスンを受けるのが一番手っ取り早いです。

 

そうしないと「意気揚々と外国人に話しかけたはいいが、

相手の話す英語が凄すぎて全く理解できずトラウマを抱えることになる」

なんてことになるかもしれません。

 

自分に自信がないという人は騙されたと思って英語をマスターしてみてください。

 

英語がペラペラ話せるようになると、自分に自信が持てるようになります。

そうすると、今まで曇っていた人生の景色が急に明るい風景に変化します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。