英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職情報

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly

カナダ最大のドーナツチェーン店Tim Hortons(ティムホートンズ)

今日はカナダの人なら誰でも知っているドーナツチェーン店、「Tim Hortons(ティムホートンズ)」を紹介したいと思います。

 

実は今ティムホートンズではスマイルクッキーが$1で販売されていて、

明日で販売終了になるので、家から徒歩5分のところにあるTim Hortons(以下ティム)に行ってきました。

 

こちらがスマイルクッキーです。

 

ティムホートンズ

売上の一部はチャリティーとして寄付されるようです。

 

 

 

Tim Hortonsとは?

Tim Hortonというのはカナダの有名なホッケープレイヤーの名前です。

カナダでは至る所にティムがあります。

 

詳しくはWikipediaの文章を抜粋しますので、こちらをご覧ください。

 

ティムホートンズ Inc.英語: Tim Hortons Inc.、表記上アポストロフィはなし)はカナダドーナツチェーンである。1964年オンタリオ州ハミルトンでオープンし、以後カナダ国内に急速に拡がり、カナダ最大のファーストフードチェーンとなっている。

ティムホートンズはカナダの至る所で見ることができ、店舗数は、カナダ国内に約3,000店以上、アメリカ東海岸中西部に出店し、西海岸にはない[1])に約600店以上がある(2018年現在)[2]

2005年のティムホートンズのカナダ国内の売り上げは、カナダ国内のファーストフード全売上の22.6%を占める。カナダ国内にあるコーヒー、パン菓子製品の店舗の76%のシェアを持ち、カナダ国内のカフェとしてのシェアは62%を占め、2位のスターバックス (7%) を大きく突き放している[3]

またカナダでは、ティムホートンズマクドナルドの規模を超え、2002年にはカナダ国内のマクドナルドの売り上げを抜き、カナダ国内のマクドナルドの約2倍の店舗数を持っている[4]

メニューには、コーヒードーナツ、ティムビッツ(球状の小型ドーナツ)、スープ及びサンドイッチなどがある。

 

こちらが公式ホームページです。

メニューはこちらから確認できます。

 

www.timhortons.com

 

残念ながら日本には進出していないようです。

 

ちなみに僕は、ちょっとだけティムで働いていたことがあります。

 

ティムホートンズに行ってきた

ティムホートンズ

 

自宅から最寄りのティムホートンズがこちらです。

 

ティムホートンズ

様々な種類のドーナツがあります。

右側に見えている小さなドーナツがティムビッツと呼ばれるドーナツです。

 

ティムは価格がリーズナブルなのがうれしいです。

 

ティムホートンズ

 

サンドウィッチなども売っていて、ドリンクメニューが充実しています。

 

ティムホートンズ

 

ティムは何といってもコーヒーがおいしいのが特徴です。

カナダはコーヒー消費量世界第3位です。

そのカナダ人が頻繁に飲むコーヒーですから、おいしくないはずがありません。

 

サイズもSmall,Medium,Large,Extra Largeと4種類に分かれています。

 

スモールサイズのときは、クリーム1、砂糖1で注文することが多いので、

 

Can I get a small coffee with cream and sugar?

 

のように注文します(andは「ン」と発音してリエゾンする)。

 

ミディアムサイズのときはクリーム2、砂糖2で注文することが多く、

 

Can I get a medium double-double?

 

のように注文します(ダボダボと発音する)。

 

コーヒーは時期によってキャンペーンがあり、見事当選したら車がもらえることもあります。

 

ティムホートンズ

 

こちらが先ほどのティムビッツを箱詰めにしてもらったものです。

 

車が当たるかもしれない「Roll up the Rim to win 」

Tim Hortonsの最大の特徴は、Roll up rim to winと呼ばれる抽選会(?)が行われることです。

 

期間限定のイベントですが、

なんと一等の景品は「自動車」がもらえるという素敵なイベントです。

 

2019年は2月6日~3月3日まで開催されました。

 

Rimとは日本語で「ふち(淵)」という意味です。

 

f:id:Apollojustice:20191229230047p:plain

出典:Canada.com

この画像のようにカップの淵をめくりあげていくと、

そこに抽選結果が書いてあるというものです。

 

このイベント開催中はうかつにカップを捨てないようにしましょう。

ひょっとしたらものすごい商品が当たっているかもしれませんよ。

 

我が家は今のところクッキーが最高の景品です。

 

ティムホートンズの日本進出は?

今のところTim Hortonsは日本に進出していません。

 

理由は定かではありませんが僕の勝手な推測によると、

日本のドーナツ市場には某有名ドーナツチェーンが君臨しているからだと思われます。

 

カナダでは大人気といえ日本ではまだまだ無名の存在で、

競合他社との差別化も難しく日本進出はまだまだ先になるかと思われます。

 

海外のフードチェーン店が日本に進出してうまくいかず、

軒並み撤退しているのでTim Hortonsは日本市場に進出しないかもしれませんね。

 

 

 

ティムホートンズの注文の仕方

カナダに旅行に来たら誰でも1度はティムに行くことがあると思うので、

注文の仕方を解説してくれている動画をご紹介します。

 

 

 

 Tim Hortonsのコーヒーは日本でも注文できる

 

 日本のAmazonティムホートンズのコーヒーを注文することができます。

これで日本にいながらにして、本場カナダのコーヒーを味わうことができます。

 


Tim Hortons French Vanilla Ground Coffee 340g ティムホートンズ フランスのバニラグラウンドコーヒ [並行輸入品]

Tim Hortonsコーヒーロゴランチボックスバッグの子供と大人、ランチトートランチホルダー調節可能なストラップ付きメンズレディースボーイズガールズ、このデザインポータブルの、Obliqueクロス、ダブルショルダー

Tim Hortons Medium Roast Decaf Ground Coffee 340g ティムホートンズミディアムローストデカフグラウンドコーヒー [並行輸入品]

 

 まとめ

カナダ=Tim Hortonsと言ってもいいぐらい、ティムはカナダで有名なドーナツチェーン店です。

 

味もおいしいし価格もリーズナブルなので、

カナダに来る機会があれば、ぜひ一度試してみてください。

 

リアルなカナダ体験をすることができますよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

 

 

www.apollosblog.com