英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職ブログ

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly,italki

【2020】コロナウィルスによるカナダのワーホリへの影響

カナダでは徐々に経済活動が再開され始めてきています。

 

息子の通う小学校もこのままいけば6月には再開されそうな感じです。

ただし、フルタイムではなく週2、3日で時間短めになる可能性が高いです。

 

妻がバンフ時代の知り合いに聞いた話によると、

アルバータ州はまだ学校の再開時期が未定だそうです。

 

カナダの学校は7月から夏休みなので、

このまま再開されなければ9月まで学校お休みということになりそうですね。

 

さて、カナダはワーキングホリデーの渡航先として人気の国ですが、

今年のワーキングホリデーがどうなるのか気になる人もいると思います。

 

もうとっくに情報入手している人も多いと思いますが、

まだ知らない方のために現状をお伝えしたいと思います。

 

【2020】コロナウィルスによるカナダのワーホリへの影響

f:id:Apollojustice:20200525132855j:plain

 

まず先に結論からお伝えしておくと、

ワーキングホリデーの人は下記条件を満たしている人のみ入国が許可されます。

 

Port of Entry Letter of Introductionを取得済みかつ、

有効なジョブオファーを持っている人

 

僕はワーホリ経験者ではないので詳しく知りませんが、

Port of Entry Letter of Introductionは、ワークビザで言うところのLMIAのようなものでしょうか。

 

僕の認識が正しければ、ワーホリとは基本的に渡航前にジョブオファー(内定)をもらってはいけない、という条件があったように思います。

 

ということは、「有効なジョブオファーを持っている人」というのは存在しないことになるはずなのですが...。

 

ただ、もしジョブオファーがない状態で渡航が可能になったとしても、

仕事を見つけるのは極めて難しい状況と言えるでしょう。

 

ネットで調べた情報によると、約100万人の人が失業に関する手当をもらっていると言われています。

 

自国民が大量に失業しているのに、

外国人の短期滞在者に仕事があるとは思えません。

 

www.apollosblog.com

 

この記事でも書きましたが、仕事が見つからなければ収入がなくなるので、

現地で生活することができなくなります。

 

最悪の場合は、日本に帰国する航空券代も払えなくなる可能性があります。

 

詳しい情報はこちらのウェブサイトに掲載されているので、

気になる人はチェックしてみてください。

 

www.canada.ca

 

なんかコロナが終息したようなムードになってきましたが、

カナダの感染者数はまだ増加傾向にあるんですよね。

 

みんなが気を引き締めていかないと、

第2波、第3波と感染が拡がってしまう可能性もあります。

 

そうなったら、今までの我慢が無駄になってしまうので、

くれぐれも慎重に行動したいものです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。