英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職情報

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。

【語学力不問】英語が話せなくても海外就職は可能か?

海外就職で検索すると「海外就職 英語話せない」とい検索ワードが候補の一番上に表示されます。

 

つまり、「英語は話せないけど海外就職をしたい」と思っている人が多いということになります。

 

この記事では「英語力ゼロでも海外就職は可能か?」ということについて解説していきたいと思います。

 

英語が話せなくても海外就職は可能か?

結論から先に言うと「英語力ゼロでも海外就職は可能」です。

ただし、当たり前ですができる仕事に制限が出てきてしまいます。

 

海外就職と聞くと英語力が必須であるように感じる人が多いのですが、海外で働く多くの日本人は日系企業で働いています。

その場合、社内で話す言語は日本語の割合が多く、顧客もほぼ日本人のため会社によっては英語力よりも「正しい日本語」を話せる人を求めている場合もあります。

 

ただこれは「英語ができなくても働ける仕事がある」というだけです。

 

こちらの記事をご覧ください。

 

www.apollosblog.com

 

この記事で解説していますが、ワークビザ(就労資格)を取得するためには企業は莫大なお金と時間を消費する必要があります。

 

例えば、英語力ゼロでできる事務の仕事があったとします。

でもそういう仕事は誰でもできるんです。わざわざ国外(日本)から時間とお金をかけて雇うほどでもないんです。

 

そういう仕事は大体現地に在住している日本人が就く可能性が高いです。

そっちのほうが企業にとってもメリットがあるからです。

 

つまり、英語力ゼロの仕事が存在しているからといって、必ずしもその仕事ができるというわけではない、ということです。

 

仮に運よくそういう仕事で採用のオファーをもらうことができたとしても、ワークビザの申請が却下される可能性があります。

なぜなら、そういう誰でもできる仕事なら現地人(在住日本人含め)を雇いなさいと政府に言われてしまえばそこまでだからです。

 

どういうときに企業が国外から人材を募集するか?

ではどういうときに企業が国外(日本)から人材を募集するかと言えば、「その国の中で人材を確保するのが難しいとき」です。

 

例えば日本語の話せるエンジニアが欲しい企業があったとして、その地域で適当な人材が見つからないことがあります。

そういう場合は国外から募集をすることになります。

 

その企業にとってエンジニアは必要な人材です。したがって、時間とお金をかけるだけの価値があるということです。

 

他にも日本食シェフや美容師などの手に職がある職種は、国外から募集するケースが多いです。そしてそういう職種はワークビザの取得がしやすいんです。

 

もしあなたが何かしらのスキルもしくは手に職があるのであれば、英語力ゼロでも海外就職することは非常に簡単です。

もしくは人がやりたがらない仕事であれば、現地で適当な人材が見つからず国外から募集をしていることもあります。

 

以前に海外就職するならアジアぐらいしか選択肢がない、と言いましたが、あれは特別なスキルのない人の話です。

もしあなたが他の人にはないスキルを持っているのであれば、その人材を探している企業が存在する限り世界中どこでも働くチャンスがあります。

 

海外就職エージェントを使う

初めて海外就職をする人は海外就職エージェントを使うことをおすすめします。

自分で直接企業に応募したいという方は以前ご紹介したこちらのサイトがおすすめです。

 

www.worldpost.

 

海外就職の求人数ではトップクラスのサイトです。

ただ、人材紹介エージェントではないので基本的に自分で企業と直接連絡を取り合う必要があります。

僕も10年前初めて海外就職するときはこのサイトを利用していました。

 

もし海外就職エージェントを利用したいのであれば、こちらの会社がおすすめです。

 

www.jac-recruitment.jp

 

この会社は僕自身も初めての海外就職のときに利用させていただきました。

非常に丁寧に対応していただき、おかげさまで海外就職をすることができました。

初めて海外就職をするときは、わからないこともたくさんあると思いますが、企業に直接聞きづらいこともあります。

そういうときに人材紹介エージェントの人に相談することができるのが、メリットのひとつです。

 

とはいえ海外就職に英語は必要

ネットで検索すると「英語力ゼロでも海外就職は可能」という情報を見つけますし、僕自身この記事で「海外就職に英語力は必要ない」と解説しています。

 

しかし、それに甘んじて「英語を勉強しなくていい」と考えているような人は、おそらく海外就職は難しいと思います。

 

英語が話せなくても海外就職はできますが、できるに越したことはありません。

あなたと全く同じ条件の英語ができる人が見つかったら、企業は絶対にその人を採用します。

 

ワークビザのスポンサーを見つけるためには、「あなたのビザスポンサーになってもいい」と企業に思われるような人材になることが大切です。

英語力が不問だからといって、楽な方に流されて語学習得を怠るような人はそういう人材になることは難しいでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。