英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職情報

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly

ネイティブレベルの英語が話せるようになる動画を使った英会話の練習方法

今日ご紹介する英会話の練習方法はかなり強力です。

時間はかかりますが、確実に英語力が上達します。

 

そして正しい文法や発音も身に付く上に、楽しみながら学習できるので苦痛が少ないといういいことづくしの会話練習方法です。

さらに、ネイティブのようにきれいな英語がスムーズに話せるようになります。

 

その方法は動画を使った英会話練習です。

 

詳しくは後述しますが、この方法は中級者以上の方にもっとも効果的な練習方法となるため、英語力が十分でない英語初心者の方にはあまりおすすめできません。

 

 

 

最も効率的な英語の学習方法とは?

 

英語を習得するためには膨大な時間がかかります。

そのため少しでも効率的な学習方法を選択しないと、英語が話せるようになるまでに何年もかかってしまいます。

 

英語学習には様々な手段があります。

 

  • 本を読む
  • 音声を聞く
  • 動画を見る
  • 対人で会話する

 

代表的な手段はこの4つに分類されますが、これらの手段は上から順番に英語の上達スピードが遅い順番に並んでいます。

 

本を読んで勉強するのがもっとも上達の時間がかかり、対人で会話をするのがもっとも上達スピードが早いということです。

 

この4つのリストの下にいけばいくほど、五感を使って英語に触れ合うことになります。

五感を使った学習方法のメリットは「頭で記憶するのではなく、体で覚えることができる」点です。

 

頭で記憶しようとすると、会話の際に英語がスムーズに出てこなかったり、文章を考えるのに時間がかかってしまったりします。

 

しかし、英語が体に染みついていれば何も考えなくても(無意識でも)、英語がスラスラ出てくるようになります。

 

もともと人間の言語習得は頭で記憶するのではなく、体で覚えるのが本来のプロセスです。

 

だから、五感を使って英語を習得するというのは理にかなっているのです。

 

動画を使った英会話練習方法

f:id:Apollojustice:20190924072605j:plain

 

今日はこの4つの英語練習方法の中から、「動画を使った英会話のトレーニング方法」を紹介します。

 

動画の良いところは、視覚情報が入ってくるため印象に残りやすいという点です。

そして対人練習では対応できない「繰り返し学習」ができることです。

 

音声学習は英語学習に非常に効果的ですが、映像がないため印象に残りにくいという弱点があります。

 

感動的な映像やショッキングな映像というのは1回見ただけなのに、その情景を完全に覚えていますよね。

それは視覚情報のインパクトが強く、印象に残りやすいからです。

 

したがって、もっとも効率的に英語学習をしたいのであれば、音声よりも動画のほうが優れています。

 

同じ動画を繰り返し何度も見る

これが今回ご紹介する英会話練習方法の種明かしです。

 

ポイントは「同じ動画」と「何度も見る」です。

 

僕たちは動画を使って英語学習をしようとするとき、できるだけたくさんの動画を見ようとする傾向があります。

 

たくさんの動画を見ることは、様々な英語に触れることができるという良さがありますが、1度ずつしか見ないため英語の吸収率が低くなるという弱みもあります。

 

そのため、英語に慣れるためのトレーニング方法としては有効ですが、

英語を習得するという点においては若干非効率的です。

 

会話の1語一句をすべて覚えてしまうぐらい何度も繰り返し動画を見ると、

ネイティブのように英語を話すことができるようになります。

 

しかも、英語のリズムや正しい文法も体に染みつくようになります。

 

正しいリズムや文法が体に染みついてるので、おかしなリズムや間違った文法の文章を聞いたときに違和感を感じるようになります。

 

www.apollosblog.com

 

好きな映画などは何度も繰り返し見てしまいますよね。

そうすると、意識していないのにセリフまで完璧に覚えてしまうことがあります。

 

それと同じで、何度も同じ動画を見ているとネイティブが話している英語をそのまま体で吸収するようになります。

 

頭で記憶しているわけではないので、会話の時に無意識にそのセリフが出てくるようになります。

 

好きな動画+短い動画

ただし、どの動画を見るか選択するときには注意が必要です。

 

何度も繰り返し見る必要があるため、好きな動画+短い動画である必要があります。

 

興味のない動画を何度も見ることは苦痛が伴います。

そして、興味がないので集中力も下がります(聞き流しでは全く効果がありません)。

 

そして、長い動画だと繰り返し見るのに時間がかかるうえに、動画内に出てくるセリフが膨大な数になるため、一語一句完璧に体に染みつくまでに途方もない時間がかかります。

 

したがって、好きな動画(自分が興味のある動画)でなおかつ短い動画を選択することが重要になります。

 

例えば、ビジネスセミナーの英語の音声教材を通勤の車の中で毎日聞いていたとしたらどうでしょうか?

 

その目的は英語を学ぶことではなく、ビジネスセミナーの内容を理解することですが、

何度も繰り返し聞いているうちに、スピーカーの話しているセリフまで完璧に覚えるようになります。

 

何度も繰り返し聞けば聞くほど、セリフだけでなく会話の抑揚や発音まで完全に再現できるようになります。

 

これは「ビジネスセミナーの内容」に興味があったからこそ、何度も繰り返し聞くことができたわけです。

 

仮にこれが英語ニュースだったら、繰り返し聞くのが苦痛になって途中で挫折するか、興味がないので集中力散漫になり全然身に付かないかどちらかになっていたはずです。

 

動画を見るのも同じことです。

 

例えば僕は、第4ブログで「SEOに関する知識」を発信していますが、その情報ソースは英語動画です。

 

SEOに興味があるので同じ動画を何度も見て勉強しているうちに、

そこで話されている英語も自然と体に染みつくようになりました。

 

僕は英語を覚えるためでなく、SEOの知識を吸収するために動画を見ていただけですが、それが結果として英語の上達にもつながっていたということです。

 

繰り返し同じ動画を見るデメリット

ただし、この方法にはデメリットもあります。

 

それは「動画内のセリフしか身に付かない」ということです

 

動画内で話している英語の表現、リズム、文法は完璧に身に付きますが、

その動画内で使われているセリフのみしか覚えることができないため、

上達の範囲が非常に限定的になります。

 

そのため、幅広い分野の英語を習得したいのであれば、様々な動画を繰り返し見る必要があるため、非常に時間がかかるというデメリットがあります。

 

まとめ

今日ご紹介した方法を実践すると、ネイティブのようにスムーズに英語を話すことができるようになります。

 

好きな分野の動画を見ているので楽しみながら英語学習ができるのでお勧めです。

 

ぜひ試してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。