英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職ブログ

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly,italki

【バイリンガル】息子が家でやたらと英語を話すようになった話

最近息子が家でやたらと英語を話すようになりました。

 

妻の話だと「英語で話すほうが楽」と言っているらしい。

 

「ついに来たか...」という感じです。

 

これは海外子育てあるあるですが、

どこかのタイミングで子供が「英語で話すのが楽」になる瞬間が必ず訪れます。

 

息子は今までも英語環境で育ちましたが、

家で話す言葉は圧倒的に日本語の比率のほうが多かったです。

 

最近やたらとWhat the heck?(わざへか)と言うようになりました。

 

バイリンガルの子供にするためには親の強い信念が必要

f:id:Apollojustice:20191206144740j:plain

 

海外で暮らす日本人の子供は、どこかのタイミングで日本語よりも英語(現地語)のほうが優位になる瞬間が訪れます。

 

※注 日本人学校に通う子供は除く

 

特に兄弟がいる場合などは、兄弟間の会話はほぼ英語になってしまうので、

親が意識的に家族の会話を日本語でさせるように仕向けないと、

どんどん日本語を忘れてしまいます。

 

我が家も2月に2人目が生まれるので、

その子がおしゃべりするようになったときは、

くれぐれも気をつけねばと思っています。

 

子供は日本語学校に通っていますが、

日本語学校では「授業中に英語で話さない」というルールがあります。

日本語学校日本人学校は別物)

 

とはいえ、友達と話すときはちょいちょい英語で話しているみたいで、

ときどき先生に注意されています。

 

日本でバイリンガル教育について論じられるとき、

「日本語もおぼつかないうちから英語を学ばせてどうする?」

という人がいます。

 

www.apollosblog.com

 

しかし、カナダで暮らしていれば教えなくても勝手に英語を覚えるように、

日本で暮らしていれば日本語は勝手に覚えます。

 

むしろまともに日本語を話すようになってから英語を学ばせるほうが、

英語習得に苦労することになります。

 

「日本語」というフィルターを通して「英語」を理解しようとしますからね。

 

だから「日本語がまともになってから...」などと言っていたら、

子供をバイリンガルに育てることは難しくなります。

 

親が日本人なのに日本語がほぼ話せないという人もいます。

それは家族での会話を日本語でやってこなかったからです。

 

海外の日本人の親が徹底して家族の会話を日本語で行っているように、

日本の親は自宅で子供に徹底して英語に触れさせる必要があります。

 

ただし、自分が英語が得意でない場合、無理して英語で会話をしようとすると変な英語

が身に付いてしまうので注意が必要です。

 

ではどうするかというと、

本やテレビやおもちゃを英語仕様のものにすることです。

 

それぐらい徹底しないと、そう簡単に英語は身に付きません。

 

今はYoutubeなどで英語のアニメを見ることが簡単にできます。

 

息子も今までは日本語のアニメなどを見ることが多かったですが、

最近見ているのは英語のチャンネルばかりです。

 

家では徹底して日本語に触れさせるようにしないと、

日本語がわからない大人になってしまうので気を付けようと思います。

 

日本で習得できる資格やスキルは無数にありますが、

中でも英語はかなり実用的で役に立つと思っています。

 

子供にとっても将来必ず役に立つスキルなので、

ぜひ小さいうちから英語に触れる機会を増やしてもらえればと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。