英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職情報

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly

【英語動画を使った上達勉強法】英語動画はたくさん見るのではなく何回も見る

インターネット上には数々の有益な英語の情報が公開されていて、

Youtubeには良質な英語学習動画が投稿されています。

 

それらの情報を駆使すれば1円もお金をかけずに、

英語を流暢にしゃべることは十分可能です。

 

もしあなたの英語レベルがそれなりにあるのであれば、

英語を英語で学ぶことをお勧めします。

 

そっちのほうが何かと効率がいいからです。

 

英語を日本語で解説しようとすると、

どうしてもニュアンスが間違って伝わってしまうことがあります。

 

例えばこんな表現です。

 

www.apollosblog.com

 

なぜ日本人は「うらやましい」をI envy you.と言うようになったのでしょうか?

 

それはI envy you.を日本語訳しようとすると、

「うらやましい」と表現することしかできないからです。

 

だから微妙にズレたニュアンスで伝わってしまうのです。

 

英語を日本語で理解しようとすると、

どうしてもこのようなニュアンスのズレが生まれてしまいます。

 

英語を理解するなら英語で説明を聞くのが一番なのです。

 

 

 

英語は真似るもの

本題に入る前に英語の動画を字幕付きで視聴する際の注意点をまとめた記事があるので、そちらのリンクを貼っておきます。

 

www.apollosblog.com

 

この記事では動画を使ったリスニング練習法について解説していますが、

今日ご紹介するのはスピーキングの上達方法です。

 

その前に、多くの人が持っている英語に対する誤解についてお話しします。

 

「英語は自分で文章を組み立てるもの」

 

と思っている人が多いですが、このマインドセットを持っていると実際の会話の時にスムーズに英語が話せなくなります。

 

「英語(言語)は真似るもの」

 

です。

 

言い方を換えれば、使える表現をそのままパクるということです。

 

僕たちが日本語をしゃべれるようになったのも、

周囲の大人たちが使っていた日本語を真似するようになったからです。

 

したがって、まねることは言語習得の正しいプロセスなんです。

 

海外で暮らすようになって不思議に思うことがあります。

 

ネイティブのパートナーと結婚しているのに、

いまいち英語が上手ではない人がいます。

 

普通に考えたら、ネイティブと毎日英語で会話をしていれば、

嫌でも英語は上手になるはずです。

 

にもかかわらず、話している英語は決して流暢とは言えません。

 

僕の推測ですが、その理由は「話す時に自分で文章を組み立てて話す癖がついている」からだと思います。

 

逆に英語が上手だなと思う人は、ネイティブの表現をそのままパクって使っている人です。

 

英語はある一定レベルに達すると日本語脳では処理しきれなくなります。

 

日本語で考える癖が染みついていると、英語の上達が頭打ちになりそれより上のレベルに到達することができなくなります。

 

英語動画はたくさん見るのではなく何回も見る

f:id:Apollojustice:20200129114327j:plain

英語の動画を見るときはたくさんの動画を見るのではなく、

同じ動画を何回も見ることをお勧めします。

 

その理由は簡単で、耳で英語を覚えるようになるからです。

 

要するに、頭で記憶をするのではなく体で吸収するということです。

 

あなたはこんな経験ありませんか?

 

CDウォークマン(古い..)で何度も同じ曲を聞いていると、

歌詞を見なくてもその曲を歌えるようになる

 

歌詞カードを見て歌詞を覚えたわけではありません。

ただ何回も同じ曲を聴いていただけです。

 

メロディーを聞くだけで自然と歌詞が出てくるのは、

耳で歌詞を覚えている=体で吸収しているからです。

 

英語の動画を繰り返し見るのも同じ理屈です。

 

何度も何度も同じ動画を見ていると、

そこで使われている表現が耳に残るようになります。

 

それは頭で記憶しているものではないので、

実際の会話シーンで反射的に言葉が出てくるようになります。

 

一度自転車に乗れるようになったらしばらく乗らなくても乗れますよね?

 

それぐらい体で覚えるということは効果が大きいのです。

 

英語動画を見るときの注意事項

何度も繰り返し見る必要があるので、

短めの動画を選ぶのが好ましいです。

 

長くてもせいぜい20分程度。

 

それ以上長くなってしまうと繰り返し視聴するのが嫌になります。

 

できれば10分程度の動画がいいですね。

10分ならスキマ時間ができるたびに視聴できます。

 

2つ目の注意点は「自分が興味ある分野の英語動画にすること」です。

 

自分が興味のない分野に関する動画は、

たとえ日本語であっても苦痛を感じるからです。

 

自分の好きなことなら自発的に勉強するようになるし、

学習内容の定着率も高くなります。

 

もし適当な動画が思いつかない方は、

英語で英語を教えてくれる動画がおすすめです。

www.apollosblog.com

 

 まとめ

英語動画のデメリットは、必ずしも自分の学びたい表現が学べるわけではないということです。

 

しかし、一度体に染みついた英語はなかなか忘れないというメリットもあります。

 

自分の好きな英語動画を何度も繰り返し見るようにしてみてください。

 

無意識にネイティブの英語表現が口から出てくるようになりますよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。