英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職ブログ

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。Sponsored by PronunciationPro,Lingoda.com,Grammarly,italki

我々が思っている以上に日本は危機的状況かもしれない


3か国に移住し海外在住歴10年以上の筆者による海外移住・海外就職成功バイブル!

先日Microsoft Newsでこんな記事を見かけました。

ロイター通信の記事です。

www.msn.com

 

日本がいよいよ先進国から脱落するかもしれないらしいです。

 

日本国内にいると気が付きにくいですが、

日本は世界よりも様々なことが遅れている国です。

 

先日「日本がオワコンになった3つの理由」という記事を書きましたが、

日本がオワコンを迎える日がやってくるのも現実味を帯びてきたかもしれません。

 

www.apollosblog.com

 

僕は日本に住んでいないので直接見たわけではありませんが、

ニュースで見る限り、この問題に危機感を感じている人はほとんどいないように思います。

 

いつまでも受動的姿勢で生きるのではなく、

「自分のことは自分で何とかする」という姿勢が、

これからの時代には求められます。

 

 

f:id:Apollojustice:20210106085756j:plain

GoToトラベル再開?

先日首都圏に緊急事態宣言が出たというニュースを見ました。

 

その時に「GoToトラベルの再開時期(1/11)を遅らせるかもしれない」という話が出ていましたが、この期に及んでGoToトラベルを再開しようとしていたことに驚きです。

 

 

www.apollosblog.com

 

 

飲食はダメで旅行がOKな意味がまったくわからない。

 

コロナウィルスは人の移動によって感染が広がるのだから、

わざわざ人の移動を促進するようなマネをするのは愚の骨頂としか思えません。

 

よほど利権でも絡んでいるのでしょう。

 

やるほうもやるほうですが、

キャンペーンに飛びつくほうも飛びつく方ですね。

 

「コロナのせいで収入が激減した」

 

という割には娯楽に興じるお金があるという矛盾。

 

今は世界全体が我慢のときなのだから、

目先の快楽に流されている場合ではありません。

 

経済促進論者は、

 

「コロナの死者よりもコロナによる自殺者の方が多い」

 

と同じことしか言いませんが、

それはあまりに思考が短絡過ぎる主張です。

 

お金が無くなったぐらいで人間は死にません。

マイナスになっても元気に生きている人もたくさんいます。

 

コロナウィルスによる直接の死者は多くなくても、

コロナが及ぼすその他の影響は計り知れません。

 

重症者が増えれば病棟が足りなくなります。

 

実際一部地域では病棟が足りなくなり、

コロナ以外の重症患者の受け入れができなくなってるそうです。

 

もしそのことによって彼らが命を落としたら、

それはコロナウィルスによって亡くなったのと同じことです。

 

仮にコロナを無視して経済活動をしたとしても、

スタッフや従業員が感染してしまったら、

ビジネスが回らなくなります。

 

客商売であれば自分の店舗でコロナが発生したら、

一時的とは言え店を閉めざるを得ません。

 

場合によっては風評被害でつぶれてしまう可能性もあります。

 

しかもこの場合は自己責任になるため、

国や地方自治体からの補助や支援は出ないことになります。

 

結局収入を失う人が出てきてしまい、

自殺者が増えることになるでしょう。

 

海外に住んでいると日本のコロナウィルスに対する温度差を強く感じます。

 

初詣もかなりごった返してましたしね...。

 

「コロナが収まりますように」

 

と願うならそういう場所に出向かないのが一番です。

 

世界からどんどん遅れる日本

日本は島国で鎖国してた歴史もあるためか、

非常に閉鎖的な国であるという印象が強いです。

 

今世界がどうなってるのか知ってる人や

関心のある人は少ないでしょう。

 

せいぜいテレビで流れてくる情報ぐらいなものです。

 

ただ、テレビの報道は情報操作されている場合があるので、

必ずしも真実であるとは言えません。

 

www.apollosblog.com

 

日本人の特徴として前例踏襲があります。

 

古い人間がいつまでも権力を握っていることにより、

新しい変化が起こりづらくなります。

 

彼らは新しい変化が起こるのを全力で阻止しようとするからです。

 

自分たちのやり方を変えられたくないので、

「前例踏襲こそ善」という思想で変化を拒絶します。

 

リモートワークを否定する企業などはその最たる例ですね。

 

その結果が今の日本です。

 

このままでは冒頭で紹介した記事に書いてある通り、

本当に先進国から転落してしまうことになるでしょう。

 

もはや日本人相手だけのビジネスは限界

以前の記事でも書きましたが、

これから日本では少子高齢化が加速します。

 

出生率も低下しているので人口もどんどん減っていきます。

 

つまり、日本人のみをターゲットにするビジネスは、

縮小の一途をたどることになるということです。

 

これからは外国人もターゲットにシフトしていかないと、

日本経済はどんどん衰退していくでしょう。

 

冒頭の記事にもありましたが、

日本の抱える問題の一つに「英語スキル」があります。

 

外国人を相手にビジネスをしようにも、

英語スキルがなければそれもかないません。

 

日本ではビジネス英語が使える人材が圧倒的に不足しています。

 

もしこれから身に着けるべきスキルがあるとするならば、

間違いなくそれは「ビジネス英語」です。

 

日本の英語教育では実務レベルで英語が使えるようにはなりません。

 

そのことを一人でも多くの人に知ってほしいので、

Youtubeで発信したりUdemyでビジネス英語講座を開講しているわけです。

 

 

www.udemy.com

 

まとめ

このまま日本人が過去の価値観に沿って、

平和ボケしたまま生きていったら、

冗談抜きで日本は転落していくことになるでしょう。

 

感度の高いあなたは大丈夫だと思いますが、

常に正しい情報をキャッチして時代の流れを読み取る力を磨く必要があります。

 

与えられた情報を受動的に受け取るだけでは、

運命の被害者として翻弄されることになるでしょう。

 

「自分のみは自分で守る」という自立的姿勢で、

今のうちからしっかりと準備しておくことが大切です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。