英語ビジネスレベル最短への道 時々海外生活日記

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住に役立つ情報を発信中。

日本語がペラペラな外国人に共通するもの

英語上達のコツを知るには、日本語が上手な外国人の話を聞くと結構ヒントになったりします。

僕たちが英語を学ぶ以上に、外国人にとって日本語を学ぶことは難しいと思います。
そんな彼らがどうやって日本語をマスターしたのか、ということを研究すると僕たちの英語学習にも応用できることがあります。

日本語を学ぶきっかけ

僕は仕事柄たくさんの日本語を話す外国人と会ってきました。その多くは日本語にかかわる仕事をするために学校に通い日本語を習得していました。

発展途上国の人達にとって外国語を話せる人はいわばエリートであり、日本人と一緒に仕事をすると、現地人の平均給与よりはるかに高い賃金をもらえることもあります。

したがって、彼らの日本語を学ぶ理由は「お金」という外的モチベーションです。

 

しかし中には日本語を生業としないにも関わらず、日本語がペラペラ(しかもネイティブレベル)の外国人もいます。

 

彼らの話を聞いてみたところ、ある共通点があることに気が付きました。

 

好奇心からくるモチベーション

彼らが日本語を学ぶ理由、それは「日本のアニメやバラエティーが好きだから」です。

 

日本のエンターテインメント事業のレベルは世界的にもトップクラスで、世界中の多くの若者に支持されています。

特にアニメは絶大な人気で、僕もいつも日本のアニメの話題を振られます。

子供の頃学校で話していたアニメの話題を外国人とする時代になりました。

 

彼らの興味は「日本のアニメやバラエティーを日本語で理解できるようになりたい」というものです。

 

それは金銭のような外的モチベーションではなく、自分の内側からあふれ出る好奇心、つまり内的モチベーションによるものです。

 

好きに勝るものはない

好きなことをやるのは絶大な力を発揮します。
好きなことはやめろといわれてもやめられないものです。


例えば子供がゲームをやっているとして、「やめなさい」と言ってもやめませんよね。

頼まれてもいないのに自発的にそのゲームのことを研究したりします。

 

成功者が「好きなことを仕事にしなさい」とよく言うのはこういう理由からです。
「やめろ」と言われてもやめられないことを仕事にすれば、負けるはずがないからです。

 

僕たちが英語学習に挫折してしまうのは、好きでやっているからではなく、義務感でやっているからです。

 

本当に好きなら子供がゲームをするように勝手に勉強するはずです。
子供がゲームをするのにモチベーションは必要ありませんよね。もしあなたが、「英語学習のモチベーションが上がらない」というのであれば、それは好きでやっているからではなく、義務感でやっているからです。

 

外国人が日本語をペラペラになるのは「好きでたまらないから」だと思います。
彼らも義務感で勉強していたら、おそらく挫折していたでしょう。

 

英語が上手な日本人の勉強法

僕は「ノートに書く」という超アナログな勉強法をメインにしています。
しかしこれは最強に効率が悪く、上達も遅いやり方です。

英語が上手な日本人がどうやって英語を学んだか、ということを聞いてみると、一人として「ノートに書いて学んだ」という人はいませんでした。

大体は「洋楽を聞いた」とか「英語のドラマや映画を見た」と言っていました。

もちろん初心者の頃からこのやり方をやっても、ほぼ何をいっているのか理解できないので、ある程度のレベルになってからこのやり方をしたのだと思います。

しかし、僕のようにいつまでたってもノートに書くやり方では上達が頭打ちになってしまいますので、どこかのタイミングで学習方法を変える必要があります。

 

テレビから学ぶメリット

テレビから学ぶことのメリットは「生きた英語」を学ぶことができることです。
机上での勉強は基礎を身に着けるのにはいいですが、実用的な英語を身に着けるためには適しません。

Sitcomなどで使われている英語は、僕たちが机上で学ぶ英語とは全然違いますよね。
試験勉強だけなら机上での勉強だけでいいと思いますが、外国人とコミュニケーションをとりたいのであれば、彼らの「生きた英語」を聞く必要があります。

 

生きた英語を学ぶにはSitcomを見るのが一番いいです。もしくは「Ellen」などのトークバラエティも最適です。

 

映画だと設定や時代背景によって、全然日常で使わないような会話表現ばかりが出てくる可能性が高く、あまり役に立たないことがあります。

 

ただ自力でSitcomを見たとしても、内容がまったく理解できないのであれば間違いなく挫折します。

多くの英語学習者が挫折するのは、初心者のころから英語のテレビや映画を見て勉強しようとするからです。

 

もしSitcomを見て学ぶ場合は解説がついた動画などを見るのがいいです。そうすれば必要なポイントだけを効率よく学ぶことができます。

 

以前に書いたこちらの記事にSitcomで英語を学ぶことのできるおすすめ動画(無料)を紹介しています。

 

www.apollosblog.com

 

日本語で学びたい人におすすめの動画

 

先ほどおすすめした動画は日本人向けに作られたものではありません。ですから当然解説も英語になります。
上級者になると解説も英語のほうがより学びが増えるのでいいですが、中級以下の人にとっては、解説が理解できないとせっかく動画を見ても内容が理解できず途方にくれるだけになってしまいます。

 

そんな人のために、日本語の解説がついた動画を見ることができるサービスをご紹介します。

 

それがこちらです。

 

EE Video

 

 

こちらはご覧の通り字幕に日本語の解説がついています。

先ほど僕が紹介したYoutubeの動画のデメリットは学ぶ対象(ドラマ)をこちら側でコントロールできない点です。

しかしこちらのEE Videoは映画・アニメ・ニュース・トラベルなど幅広いジャンルから素材を選択することが可能です。しかも無料(有料プランで見放題あり)。
学習対象者も初心者向けの動画が多いので、まだ英語レベルがそれほど高くない方でも十分に利用可能です。

 

机上での勉強に飽きた方や、生きた英語を学びたい方はぜひ試してみてください。

 

今日は以上です。

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。