英語ビジネスレベル最短への道 海外移住・海外就職情報

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住・海外就職に役立つ情報を発信中。

海外移住者インタビュー企画① こーへいまつのさん(アメリカ)

今までこのブログでは、

僕自身の海外移住経験に基づいた情報を発信してきました。

 

しかし、置かれている状況は人それぞれなので、

僕の発信する情報が役に立たない人も、中にはいらっしゃると思います。

 

これから海外移住を目指す人にさらに幅広い情報を提供するため、

「海外移住者インタビュー企画」というものを始めたいと思います。

 

すでに海外移住を実現した方にインタビューすることで、

読者の方が求めている情報をお届けすることができるかもしれません。

 

インタビューする人は、僕のSNSやブログ等でつながっている海外在住者の方々です。

 

みなさん、本当にいろいろな国に住んでいらっしゃるので、

話を聞くだけでもすごくためになると思います。

 

僕自身、インタビュー企画を記事にすることに慣れていないので、

お見苦しいところがあるかもしれませんが、その点ご理解いただけると嬉しいです。

 

 

 

 

海外移住者インタビュー企画① こーへいまつのさんn(アメリカ)

f:id:Apollojustice:20191029123505j:plain

 

記念すべき第1回目のゲストは、

アメリカにご在住の「こーへいまつの」さんです。

 

f:id:Apollojustice:20191029123539j:plain

 

 

 

 

こーへいまつのさんは「Life Design Blog」というブログを運営していらっしゃいます。

 

funwellbeing.com

 

ジャンルは僕のメインブログと同じ「人生」や「引き寄せの法則」です。

 

かなり質の高い情報発信をされていて、

記事も非常に読みやすく、内容が理解しやすく書かれているのが

素晴らしいと思います。

 

すごくためになるブログなので、

ぜひ読んでみてください。

 

Q1:在住国

A: アメリカ(ロサンゼルス)

 

お隣の国です。

 

Q2:在住歴 

A: 3年半

 

Q3:なぜその国を選んだか

A:呼ばれた気がしたから

 

深いですね...。

適当に決めた僕と全然違います。

 

Q4:海外移住のきっかけ

A:日本で音楽関係の仕事をしていて、

次は海外進出だと思い、ロサンゼルスの音楽学校に入学するため。

 

明確な目標があったのですね。

 

Q5:海外移住にあたり大変だったこと

A:お金、専門的な英語、30歳を超えての渡米は目的がはっきりしているのですが、その目的が自分のしたい事じゃないと気付いた時、人生の終了の鐘が鳴りました...

 

 30歳を越えてから海外移住された事例は、

これから海外移住を考えている人に勇気を与えますね。

アメリカに渡って本当の自分を見つけられたのでしょうか?

 

ブログで質の高い情報発信をされているのは、

このあたりにルーツがあるのかもしれませんね。

 

Q6:海外移住してよかったこと・悪かったこと

A:外から日本が見れた、自分の小ささに気づけた、自分の才能が見つけられた、他人の目を気にしなくていい。 悪かったことは今のところナシ

 

地球の外からしか地球が丸いことを見ることができないように、

日本の中にいると日本の姿が見えなくなることがあります。

 

特にアメリカのような多民族国家で生活されていると、

そういう意識もよけいにあるのだと思います。

 

「他人の目を気にしなくていい」というのは、

ものすごく共感できます。

 

僕も日本にいたときは他人の目ばかり気にして、

自分らしく振舞うことができませんでした。

 

新しい文化や世界観に触れることで、

自分の才能やミッションが見つかるというのは、

海外移住ならではの体験だと思います。

 

Q7:これから海外移住したい人へメッセージ

A:したい事をするため、自分を探すため、日本を離れてみたい色々あると思いますが、そう思うなら行動のみです。あなたの答えはその先にある!

 

僕も本当にその通りだと思います。

まずは「行動」ありきです。

 

終わりに

以上海外移住者インタビューでした。

 

僕自身も自分の視点にはない意見を聞くことができて、

非常にためになりました。

 

こーへいまつのさん、インタビューにご協力いただきありがとうございました。

 

このブログでは、海外在住者の方々にインタビューしてほしい質問を募集しております。

 

ツイッターのDMまたはお問い合わせフォームから

気軽にご連絡ください。

 

インタビューにご協力いただける海外在住者の方のご連絡も

お待ちしております。