英語ビジネスレベル最短への道 時々海外生活日記

延べ5000時間以上英語の勉強に費やした僕が英語の上達法やマインドセットをシェア。現在カナダ在住。3つの国に移住した経験を活かし、海外移住に役立つ情報を発信中。

英語面接

海外で働く、海外とビジネスをするならやっておくべきSNS LinkedInの紹介

今日は日本人には馴染みのうすいSNS、LinkedInについて紹介します。 www.linkedin.com LinkedInとは簡単にいうとビジネス用のSNSのことです。 現在全世界で利用者は約4億人ともいわれています。 もはや世界とビジネスをするうえでは、常識ともいえるSNSです…

英語面接 海外就職編⑦ カナダの企業に採用された僕が実践した必勝法とよく聞かれる質問5選

英語面接に臨む際にしっかりと準備をしておきましょう。 Most common job interview questionsで検索すると、面接時に聞かれる代表的な質問を知ることができます。 おすすめは動画で見ることです。各質問に対してどのように答えればいいかを実践してくれてい…

英語面接 海外就職編⑥ 準備しないとまず落ちる!?日本の面接と全然違う海外企業の面接

面接の準備をする 英語面接の練習方法 様々な面接形式 1.1対1の対面面接 2.パネルインタビュー 3.Behavioral interview 4.グループ面接 面接で求められる資質 好ましい服装は? 書類選考を通過し、電話面接もクリアするといよいよ対人面接です。 大手企業…

英語面接 海外就職編⑤ 日本人が知らない「Reference」という採用プロセスの重要性

順番が前後してしまいましたが、今日はReference(リファレンス)について解説してみたいと思います。 Referenceは簡単に言うと「裏づけ」や「紹介」のことです。 レジュメに記載してある企業で本当に働いていたのか、働きぶりはどうだったのか、ということを…

英語面接 海外就職編④ これができないと電話面接で落とされる、必須スキル「エレベーターピッチ」

レジュメを提出し、書類選考を通過すると企業から連絡があります。 選考結果の出る時期はまちまちで、同日中のこともあれば、1か月以上後になることもあります。 企業が電話面接をする理由「足切り」 「エレベーターピッチ」とは エレベーターピッチで話すべ…

英語面接 海外就職編③ これを知らないと絶対に書類選考に通らない「Overqualified」という概念

昨日の記事は英語のレジュメ作成についての記事でした。 レジュメとカバーレターの作成ができたら、いよいよ企業に応募します。 応募の流れ Overqualifiedという概念 経歴よりも学歴? 資格はあったほうが得 応募の流れ レジュメとカバーレターはオンライン…

英語面接 海外就職編② 超簡単!英語履歴書(レジュメ)の作り方と書類選考に通る書き方のポイントを解説

海外就職編のその2です。 今日はレジュメについて書いてみたいと思います。 レジュメ(Resume)とは日本でいう履歴書のようなものです。 イギリスではC.V(Curriculum Vitae)と呼ぶのが一般的のようですね。 僕自身が就職活動をする上で学んだこと、経験したこ…

英語面接 海外就職編① 日系企業と外資系(ローカル)企業の違い

今日から数日にわたり海外就職と英語面接についての記事を書きたいと思います。 海外移住に興味のある方は以前に書いたこちらの記事をご覧ください。 www.apollosblog.com 僕は海外に出てから日系、外資系含め10社以上の会社で働いてきました。その経験を通…